profile 写真.JPG

​代表 花田梨々加からのメッセージ

Message from Lilika Hanada

私がJAM’s Englishをはじめたのは、「子どもたちにチャレンジを楽しむ人生を送ってほしい」と思ったことがきっかけでした。

 

何かに本気でチャレンジすることは、人を大きく成長させます。

そのチャレンジが成功してもしなくても、プロセスで学ぶことがたくさんあります。

誰かに応援してもらうことで人とつながったり

本気で勉強することで知識が増えたり

自分の肌で感じることで本当に好きなことを見つけたりと

人が成長するためには、結果よりも過程が大事だと考えています。

 

1人で世界一周をしていた頃、毎日がチャレンジにあふれていました。

特に印象に残っているのは、ベトナムでチュンビットロンというふ化寸前のアヒルの卵を食べたことです。中身がひよこに近く、「絶対に無理!」と決めつけていたのですが、現地の友人に薦められ、思い切ってトライしました。殻を割る前の冷や汗と口にする前の緊張感は今でも忘れられません。味は癖がなく、鶏肉と卵の間のような優しい味がしました。意外とおいしく食べられた新しい自分に感動し、チャレンジした自分を誇らしく思いました。おまけに、必死に食べようとする私にベトナム人の友人が優しく付き添ってくれたので、友情も深まりました。チャレンジすることを選び、楽しむ姿勢でいることの大切さを学んだ瞬間でした。

 

子どもたちに、大人になる過程のチャレンジの一つとして

世界に出ることを選んでほしいと思っています。

留学でも、ボランティアでも、一人旅でもいいので

団体ツアーではない形で、自分を成長させる手段として

世界に出てほしいと望んでいます。

 

世界に一歩踏み出すと、チャレンジがたくさん待っています。

その一つ一つに向き合い、自分と向き合い、世界の人々と意見をかわす経験は、

子どもたちの生きる力になると信じています。

 

私たちは英語教育を通して、多くの日本の子どもたちが世界に出て自分の可能性を広げるきっかけを作り、彼らが幸せな人生を送れるよう尽力したいと思います。